介護サービスの利用方法

介護サービスの利用にあたっては、直接サービス事業者に申し込むのではなく、まず市町村の窓口で「要介護認定」を受ける必要があります。その後、ケアプランを立ててサービスを選択し、利用開始となります。当事業所では、要介護認定を受けるための申請を代行しているほか、ケアプランの作成、サービス事業者との橋渡しも行います。

要介護認定の申請

介護サービスを利用するには、まずご本人や家族が住んでいる市区町村の窓口に「要介護認定」の申請を行います。

当事業所では、要介護認定の申請代行もお受けしています。ご本人やご家族が申請に行けない場合は、当事業所が代わって手続きを行います。

要介護認定の申請イメージ

審査・認定

市区町村の職員による訪問調査、主治医の意見書提出、審査会が行われ、認定結果が通知されます。要介護認定を受けると介護サービスが利用できます。


利用するサービスの決定

ケアマネジャーに依頼し、利用するサービスの種類や回数を決定する「ケアプラン」を作成します。

当事業所では2名のケアマネジャーが在籍しており、ケアプランの作成を行っています。作成にあたっては、ご本人やご家族、サービス提供事業者を含めて検討を重ねます。

利用するサービスの決定イメージ

介護サービスの利用

ケアプランに基づいて、サービスの利用がスタートします。

利用者の方が、ケアプランに基づいたサービスが確実に受けられるよう、当事業所がサービス事業所との間に立ち、連絡・調整などの橋渡しをします。またケアプランが最適な内容であるかどうか、随時確認・調査します。

介護サービスの利用イメージ

▲ページの先頭へ